既存の樹木や、前から買ってあった石を使っての作庭工事なので

設計はとても気を遣いました。

008 (4)

まず最初に、既存の沓脱石を据え付けました。

023 (2)

その次に既存の樹木の移植を行いました。

025 (2)

これはナナカマドの樹木を掘り上げて、移植作業を

しているところです。

次に、既存のハナカイドウの古木を移植しました。

005 (4)

かなり樹木が古い為に、幹の内部が空洞化して無理に玉掛けをすると

裂けてしまいそうなので、とても気を遣いました。

その他にもキャラを移植し完了したのがこの画像です。

018 (4)

どれも樹齢が50年以上の古木なので、根の状態が心配でしたが

根鉢もくずれることなく移植できたので、何とか生育してくれそうです。

次は石組工事に入っていきます。久しぶりの鳥海石を使った

石組なので、私もすごく楽しみです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ