天童市のS邸の彩りおよび風のガーデンの第一期工事が完成いたしました。

約二か月半に亘る長丁場でしたが、苦労の甲斐あって無事出来上がり満足

しています。 もう冬になってしまいましたので樹木の葉はほとんど落ちて

しまいましたが、来春に葉が芽吹いて青々した木々をイメージしてご覧ください。

ここで一番楽しかったのは、私が設計したオリジナルのパーゴラでした。

木材も丁度いいのがなく、わざわざ長いものを庄内にて、防腐材を中に注入してもらいました。

かなり雪の事も考慮して頑丈に作ってあります。 来春には、奥様の手によりたくさん

のバラの花が植えられ鮮やかな色彩の融合が楽しめる事でしょう。

また、高さ約7メートルにも及ぶブナのシンボルツリーもその存在感を見た人に与えて

くれるでしょう。

周囲に家が隣接しているため、これを遮蔽するためここにはかなり大きめな雑木類

を植えました。 特にハナミズキやヤマモミジは約6メートルを超え、もう植えた時から

すでに出来上がった感じに仕上がりました。 芝生の面積もかなりありますので、青く

なったらかなり多目的に使えると思います。 端にはご主人のリクエストにお応えして

ミニバンカーが設けてありバンカーショットの練習に一役買いそうです。 

また使い方によっては、将来小さいお子様たちの砂場にだって使えます。

もちろん、家族でおこなわれるバーベキューにも対応して、レンガで作った大きめの

洗い場や、台をセットするコーナーも設けてあります。

いずれにせよ、家族のアイディア次第でいろんな使い方ができ、ともに共有する時間が

増えてもらえれば、作った甲斐があるなと感じています。

一方、風のガーデンは円形の花壇とバラのアーチが出来上がった状態で、まだまだ

未完成です。 ここは、あくまでも奥様が自由に花を植えられるようにお手伝いするのが

メインです。 図面に基ずきスペーシングを行い、通路以外の植栽スペースは完熟牛フン

やバーク堆肥がかなり攪拌されており、元肥は十分です。

ここは、通路をどうするのかとか、縁取りはどうするのか、隣家との遮蔽は何の木を植えて

おこなうのかとか、まだまだやりたいことがたくさんあるようなので、私もワクワクしながら

来年を待ちたいと思います。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031