自然石の石組が終わったので、今日は瓦での仕切りに作業は移ります。

下草と芝生、芝生と舗装の仕切りに当社ではよく瓦を使用します。

でも、庄内とは違いここ内陸では屋根に瓦を使いませんので、取り寄せるのが

以外と大変です。 (扱っているのが山形市内に一社しかないため)

でも、縦使いにして埋め込んだ瓦はなかなか風情があります。

写真がちょっとピンボケですいません

 

こんな感じになります。

石と瓦の間のちょっと高くなっているところに、下草でも植えようかと思っています。

 

次は、玄関前に自然石の敷石を並べていこうかと思っています。

ただ、天候が悪いのがちょっと気がかり、少し工程が遅れそうです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年12月
M T W T F S S
« Nov    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ