着工前はこんな感じでした。

011-a

リビングから見るとこんな感じでした。

007-a

このモミジを移植して奥の看板を隠して欲しいと

頼まれました。

 

完成形はこんな風になりました。

2014-11-08 15.48.04-a

富沢石で野面石組を施工し、盛土の高さをリビングの

床の高さに合わせ、目線が低くならないようにしました。

 

植栽は、ナツツバキの株立ちやナツハゼ、シモツケ、

アスチルベ等で雑木の庭のイメージで作庭しました。

 

苔の代わりに植えたリュウノヒゲの隙間には、

ダイモンジソウやムラサキシキブが植えられ、野趣味な

風合いに仕立てています。

2014-11-08 15.48.26-a

その奥にある和室前のスペースは、瓦で仕切っています。

モミジの変り種のコトノイトやアオハダ・ウメモドキの株立ちを

植え、低木のミツバツツジを添えて、より和風のイメージに

仕上ました。

 

このマンホールの蓋は、来年竹を編んだ物で修景する予定

です。

2014-11-08 15.52.25-a

リビングから見るとこう変化しました。

殺風景だった庭も新しい形を与えられ、新たな空間に

生まれ変わりました。

 

手前のテラスも余計広く感じられます。

今年はもう紅葉も終わり、葉が散り始めておりますが

来春の新緑の頃には、また違った空間を楽しませてくれる

事でしょう。

お客様には、「来年がすごく楽しみです!」と言って頂きました。

2014-11-06 14.49.45-a

もう一つのこだわりがお風呂場前の坪庭でした。

障子に見立てたガラスブロックの前には、クロチクを植えました。

下草には、日陰に強く斑入りで葉の美しいフィリヤブランを

植えました。

 

伊勢ゴロタ石で造形した州浜に、黒那智石の海が和の空間を

演出しています。

IMGA0349-a

入口の花壇のスペースには中木のオトコヨウゾメを植栽し、

下草には、まだ珍しい品種のヒューケラを植え、和と洋の融合を

狙いました。

 

建物が完成してからの工事だったので、出入口が狭くすべて

人力作業という大変な仕事でしたが、毎日変わっていく姿を

お客様に喜んで頂き、それが糧になりなんとか無事に完成まで

漕ぎ着けました。

 

この庭はまだ仕上がり的には70%~80%です。

これから何年もかけて木を育て、100%の庭にしたいと考えて

おります。

 

これからも引き続き、高い評価を得られるよう精進して参りますので

今後とも宜しくお願い致します。

 

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年12月
M T W T F S S
« Nov    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ