また、憂鬱な季節9月がやって来ました

それは何故かと申しますと、サレンダー地獄のレコーディングが始まるからです

9月末が音源とライナーノーツの締め切りなので、みんなのスケジュールに合わせて

予定を組むのが大変です

運動会や地区の行事、保護者会・・・・・・・その他いっぱいあります

今回は、コピー曲1曲、オリジナル1曲の予定です

(けど、オリジナルはまだわたしが曲を書けてない これはまずい)

まずは、コピー曲からの録音です

今回みんな時間があまりないので、ライブレコーディング(いわゆる1発録音)

に決定しました

1人が間違えると全員最初からもう1回録り直しになるので、緊張感はマックスになります

 

 

わたしも、いつになく緊張した面持ちになっています

 

 

キーボードの青木君だけは、1人余裕かましてこの笑顔

超むかつく~

 

 

ベースの鈴木君は会社が真室川なので、仕事帰り真っ直ぐ直行

仕事着での演奏です

彼もいつになく真剣なまなざしで弾いています

 

 

なにやら怪しげに毛布に囲まれたドラムセットで、叩いているのは何故?

それは、他の楽器にセットしてある録音マイクに音が入らないように、消音してあるからです

 

 

 

録音開始から2時間ようやく全員まちがいなく演奏完了

みんなで録音した音源を聴いて確認しているところです

今回もエンジニアに某有名音響機器制作会社P社に勤める平田君にお願しました

あのぶ厚いマニュアルを読みながら、この難しい機械で録音なんて、相当メカに強くないと無理です

本当に頼もしい助っ人です

去年も「お礼に、かわいいおねえちゃんのいる店でいっぱい飲ませっからよ~頼むず~」といってだまして手伝って

もらったんですが、結局バンドのいも煮会で飲ませただけ・・・・・・・・・

それに懲りずにまた手伝いに来てくれました

本当にいい人なのか?、それともただのお人よしなのか?

今年こそは本当にいい思いさせるからね~

おやじ達の懲りない熱い戦いは、まだ始まったばかりです

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年10月
M T W T F S S
« Sep    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
記事アーカイブ