天童市のT様邸のお庭造りは、ひさびさの京風庭園

かねてから石が組んである庭園がお好みだそうで、狭いながらもできるだけ大きい石で

組んで欲しいとリクエストされました

これは大いに腕の見せ所があると、職人の士気もアゲアゲです

 

まずは着工前をご覧ください

 

 

南側の主庭になる部分です

幅が約1.8mくらいしかなく、奥行きがあまりありません

 

 

東側も家庭菜園になっているので、ここも整理していきたいと思っています

まずは、いらない樹木を抜いて、必要な樹木を仮植えします

雑草を抜いた後、客土を運んで行きます

 

 

狭いので客土等の材料も一輪車での運搬になります

一日かけてようやく客土の運搬が完了しました

 

 

運び終わったら、土が雨で流れないように玉石で土留めします

これだけでも雰囲気がだいぶ変わって来ました

いよいよ主庭の鳥海石による石組みに掛かる訳ですが、狭いのでどうやって石を運んで組んでいくのか

大いに悩んでいるところです

帰ってから職人達と段取りの相談です 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
記事アーカイブ