天童市のT様邸の京風庭園が、ついに完成致しました

それではご覧ください

 

 

この画像を見ると、いかに奥行きが無いかお解りになるでしょう

庭の半分が軒内に入っています

逆を言えば、これだけでも十分和風庭園が作れるという証明にもなります

 

 

 

背景を御簾垣で空間を仕切り、その前に鳥海石にて三尊石組みを組みました

その前には夏目型の手水鉢を据え付けています

カケヒは特注で長いものにこだわりました

 

 

手水鉢を置いてある前石の周りには、富沢石の乱張りを施しどこか京風を醸し出しています

アクセントに海には伊勢ごろた石を敷いています

 

 

別の角度から見るとこうなります

雑木類はナツツバキやヤマモミジ、ツリバナそしてヤマボウシ、エゴノキなど和風庭園には鉄板の樹木を植栽しています

低木にはサツキツツジやヒラドツツジ、が植えてあり下草にはフイリヤブランやヤブコウジを植え、その所々の間には

大文字草等の山野草がちりばめられています

 

 

南側だけがやたら立派になってしまったので、最初予算の関係で割愛されていた樹木も

一部復活しました(ノムラモミジ、マユミ、ヤマモニジ等)

完成まで約20日間要しましたが、日々庭に変化がある度お客様には大変喜んで頂きました

ある時には「庭があんまり立派になり過ぎて、家まで建て返らんなねぐなったみだいだは~」

と笑って頂いたので、この仕事に携わっていた職人達はとても遣り甲斐を感じていたようです

日本庭園の持つ伝統と技術を伝承していくには、こういう作庭の機会が無くてはならないと

改めて思い知らされました

このチャンスを与えてくださったお客様には改めてお礼を言いたいと思います

本当にありがとうございました

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ