先日、河北町のシルバー人材センターに雪囲いの講師として行ってきました

初対面だったので少し緊張していましたが、まずはあいさつから

 

 

この後、資料に基づいて雪囲いの座学を半日

午後から、サツキの竹囲いや雪棚作りの実技を半日行いました

 

次の日は、みんながお待ちかねの松の雪吊りに挑戦です

約20人の参加者を3班に分けて、3本の松の雪吊りの開始です

 

 

参加者のみなさんもどうしても覚えたいと、見る目がどれも真剣です

わたしもついつい指導に熱がはいります

午前中基本を教えたばかりなので、ある程度は頭の中で理解できていると思うのですが

いざ、やるとなるとまた話は別です

何度も何度も基本の繰り返しです

 

 

この真剣なまなざしを背後に感じながら、雪吊りのこつを教えていきます

そうこうしているうちに、だいぶ様になって来ました

(決してやらせではありません 笑)

 

 

こんな感じの「兼六園」並みの雪吊りに、みんな感動して講習会は終了したのでした

人にものを教えるという事は、やはり自分ももう一度勉強しなければならないので、いい機会に

なりました

でも、ついつい「先生ここ教えて」とか「先生これでいいですか?」なんて言われると悪い気はしません

これで調子に乗らないように気を付けなければ・・・・・・・・・

生徒さんたちも、次に日からすぐ家の木で実習しないとすぐ忘れてしまうので、反復して練習し

自分の物にしてください

覚えて損する知識はありませんから

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031