山形市のO様邸のガーデニング、いよいよ最後の仕上げとなりました

しかも、初の試みです

それは何かと申しますと、表札の裏から光を当て字を浮きだたせようというもの

電気屋さんに無理を言って何度も相談に乗ってもらい、検討を重ねました

 

まずは全天候型のLEDライトを探してもらいました

これが、なかなかいいのが無くて手間が掛かってしまいましたが、それでも何とか

コンサートの野外ライブで使うライトを探してもらい取り付ける事に決定しました

 

 

電気屋さんにライトを取り付ける為の穴をくりぬいてもらっています

これが結構大変な作業になってしまいました

1時間後ようやく穴が開きライトをセット

 

 

光が広がるように丸いライトを選んでいます

さてこれがイメージ通りの広がりを見せてくれるのでしょうか? とても心配です

 

 

個人情報の為表札は詳しく見せるわけにはいきませんが、取り付けるとこんな感じになりました

あえて、枕木では無い木材に取り付けたので、くっきり浮き出ていい感じに仕上がりました

表札が浮き出て見えます

 

 

裏側もなるべく見えないように配線してもらったので、あまり違和感なく仕上がりました

ライトはセンサーで暗くなると自動で点きますし、タイマーで消灯時間もお好みにセットできます

 

 

立水栓も木材(擬木)とステンレスの組み合わせで、かなりオシャレです

メタリックなところが何か斬新なデザインに感じられます

 

ようやくガーデニングが出来上がってほっと胸をなでおろしています

このお仕事を通して、奥様には大変気を使って頂きました

「寒くて大変ですね」とよく声をかけて頂き、あったかいお茶とお菓子を一服の毎だして頂きました

休憩しながら仕事の出来栄えを見て、評価し合って食べるおやつ

これがいつしか、なによりの楽しみになっていました

一番驚いたのが仕事終わりのあいさつをしに扉を開けると、毎回暖かい缶コーヒーを手渡してくれました

この気づかいを頂くたびに、職人共々「いい仕事をして返さなくっちゃ」と工事日報を書きながら話していました

本当に満足して頂けたかは解りませんが、出来る限りの仕事はしたつもりです

 

これからも近くに寄りましたら、お茶飲みにでも伺いながら植物の管理のアドバイスをさせて頂きますので

よろしくお願いします

本当にお世話になりました。 また、ありがとうございました

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031