天童市のY様邸の外構工事が完成しました

まだ、雪の為春先に手直し部分がありますが、何とか完成いたしました

まずは、着工前から

 

 

スロープもきつく階段も狭いのでここをメインに改修することに

 

 

雪が残っていて解りずらいかとは思いますが、まずは玄関ポーチの段差をなくして広く取り

陶製のタイルに貼り替えました

アプローチはゆるやかにカーブがつけられており、階段の幅も広く取って歩きやすくしました

また、階段の蹴上も15センチに統一しています

アプローチにそって手すりを取り付け、高齢の方のサポートと転落防止も兼ねています

 

 

手すり部分は木製っぽいものにしてフェンスと統一、支柱部分はシルバーにして立水栓と質感を

統一しています

 

 

お隣との境界にはルーバー状のフェンスを取り付け、空間を仕切っています

その前には、以前から植えてあったベニカネメモチを移植して生垣風にして彩りを与えています

陶製タイルと塀の美ブロ仕上げは、色調をなるべく抑えベージュ系のトーンで落ち着きを与えています

 

 

積雪100センチにも耐えられる駐輪場

柱のブラックとアルミ板のアーバングレーが、建物の外壁の色とマッチしてうまく溶け込んでいます

その前の植栽スペースにはナツツバキの株立ちを移植しました

その他にも、駐車スペースはアスファルト舗装から土間コンクリートへ変更し、1台毎の仕切りには

コンクリートブロックが埋め込まれています

春になったらその全貌をご覧頂けるとおもいます

その時までお楽しみに!

 

本当は年内が工期だったのですが、いろんな事情で完成が今にずれ込んでしまいお客様には大変

御迷惑をお掛けし、大変申し訳なくおもっております

しかも、奥様には休憩の度職人1人1人にコーヒーやお菓子をビニール袋に入れて小分けにして

出して頂きました

その心配りに、すごく感謝しまたありがたく思っております

春になって、なにか植栽のお手伝いができるとしましたら、この外構工事とマッチした素敵な提案を

したいと思っておりますので、よろしくお願いい申し上げます

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930