待ちに待った植栽工事。まずは客土に牛ふんモミ殻堆肥をたっぷりと撹拌します。これで芝の成育が良くなり葉の緑もすごく濃い色になって見栄えがとても良くなります。

樹木を剪定した後、順次平面プランに基づき植え付けしていきます。

樹木が風で倒れないように、竹で支柱を掛けます。その後、下草にシモツケを密植していきます。

仕上げに高麗芝を張ると完成です。

工事着工前とどのように変化したのか、ビフォーアフター形式で発表したいと思います。

 

before

 

after

庭の中心に設けた植栽帯。やはり樹木が植えられると家の印象が全く別物になります。ここはヤマモミジ、ジューンベリー、ナツハゼの3本の樹木でまとめ、低木にはシモツケを密植しました。

残りのスペースには高麗芝を張って緑の量を確保し、将来家族の寛ぐスペースを確保しました。中でも一番のお気に入りは、いろんな小舗石をミックスして並べた花壇の縁取りです。ミックスした事で小舗石の大きさや色が違うので、かえっておもしろい形に仕上がりました。例えが変かもしれませんがビーズの首飾りみたいになったのは想定外でした。

 

before

 

after

2台用のカーポートは建物の窓枠のサッシの色に合わせてオータムブラウンにしてみました。無難なシルバー系の色よりこちらの方がしっくりきています。

 

after

アプローチのキャメルストーンの石貼りも木の葉型にしてみました。

 

after

テラスをイメージしたこの場所も、在庫のインターロッキングブロックを使って同じく木の葉型にしてみました。

やはり曲線がモチーフになっていると、すごく柔らかい印象のガーデニングになりました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ