着工前はこんな感じでした。

既存の樹木も移植して、うまく庭に活かしながら作ってほしいとの要望でした。

まず最初に、既存の畑の土が犬走りに流れてこないように角材を積んで囲っていきます。

要らない樹木は処分して雑草だらけの表土は全部剥ぎ取り、その上に新たに客土を盛っていきます。

それが終わると、この庭の見せ場の一つである富沢石の野面積みを行います。

緩やかなカーブになっているので作業は大変ですが、前日に4t車1台分石材屋さんからそれ用の石を選んで持ってきているので、根気よく石を選んで積んでいくしかありません。かなりの迫力になると思うので出来上がりが今から楽しみです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
記事アーカイブ