次は既存の石を使っての滝石組になります。

盛土もイメージが分からないということなので、私がバックホーを運転しながら石組も同時に行いました。

滝石組が完了すると、だいぶイメージが掴みやすくなりました。

自己満足ですが、なかなか迫力ある石組になったと思います。

次に流れの部分を作っていきます。床に防水シートを張って、その上にコンクリートで石を固定していきます。

そこに張っていく玉石は、川砂利の中から一個一個選別して洗って仕上げました。

それを自然の流れを再現すべく、一個一個モルタルにハンマーで打ち込んで固定していきます。

これから先、このように気の遠くなるような作業を繰り返していかなければならないと思うと気が重くなりますが、何とか良い作品を作るべくモチベーションを保って頑張っていきたいと思います!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
記事アーカイブ