石畳が仕上がると一気に工事は進捗します。

次に石組の廻りにわざわざお取り寄せした、京都のお寺に必ずと言っていいほど敷かれている白川砂を敷き詰めました。

するとグッと京都っぽくなってきました。

次に黒竹を順次植え付け、根〆にリュウノヒゲを植栽しました。

シンプルな構成だけに黒竹の植え付けには傾きにまでこだわりました。

ここまで仕上がると京都の坪庭にありそうな『石庭』の出来上がりです。

もう一つの目玉は隣地境界に施工する創作板塀です。こちらのお客様が当社のHPを見てとても気に入ってくれたからです。

 

まず最初に柱を立てて骨組を作っていきます。

そこに順次板塀を貼っていきます。

材木を黒っぽい色に塗装した為に、かなり落ち着いた雰囲気になりました。

延長が長いので施工にも手間がかかりましたが、そのぶん趣きでること間違い無しです!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
記事アーカイブ