建築ジャーナル2020年1月号の羽田設計事務所さんの特集ページに

当社で昨年作庭した【東の杜資料館】が掲載されました。

造園協力として武田園芸の名前も記載されています。

 

1.表紙

 

晴れ空の下、新緑と澄んだ水が美しい州浜の写真が載っていました。

 

2.見開き

 

真新しい建物を浮き立たせる事なく、

風景に溶け込ませる事が出来るのも庭の力なのかもしれません。

 

 

広告ページも更新して弊社ホームページにすぐアクセス出来るよう、

QRコードを載せてみました。

 

3.広告

 

今回の建築ジャーナルでは施設や店舗、

学校やマンション等の建築物が多く特集されておりましたが

そのどれもにお庭や自然のスペースがデザインされており

魅せ方等も個人庭園にも活かせるものが多く、すごく参考になりました!

 

是非皆さんも手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ