L字型に構成された広大な敷地に

“ご夫婦で楽しむスローライフ”をテーマにデザインしました。

 

【Before】

DSCF6114

【After】

IMG_0985

 

雑然とした庭がスッキリとしたレイアウトになり

まるで別のお宅へと訪れたように明るく生まれ変わりました。

 

【Before】

DSCF6119

【After】

IMG_0988

 

神社周りも既存の石と新たに

持ち込んだ大きな石を組み合わせて石組を行い、

ここだけ和のイメージを強くしました。

 

それに合わせて植えた樹木もヤマモミジやコナラ、

サザンカ等で落ち着いた雰囲気に。

 

瓦を縦に埋めて込んだ縁取りも

そのイメージアップに大きく貢献しています。

 

【After】

IMG_0990

 

神社へと登る石段も、

白御影石とクラストブラックの乱張りでシックに仕上げました。

 

【Before】

DSCF5506

【After】

IMG_0992

 

アプローチから主庭へと続く通路は

化粧平板と枕木の組み合わせで

ここだけ直線を用いたデザインを取り入れました。

 

自由曲線で構成された庭にアクセントが付きました。

 

【After】

IMG_0997

 

リビング前に設けられた大きなテラス。

 

これだけ広いとアイディア次第で

いろんな楽しみ方が出来ると思います。

 

【Before】

DSCF5511

【After】

IMG_0998

 

建築の方で施工した焦げ茶色の塀が

空間を見事に仕切ってくれたので庭が引き締まりました。

 

お隣への落ち葉がもし飛んだとしても

迷惑がかからないように葉が小さな雑木類

(アオダモ・ジューンベリー・アオハダ)を植えました。

 

下草もここ大江町はかはり積雪が多いので

全て多年草を植えて雪に強い庭にしました。

 

マホニアコンフューサはリゾート感を演出し

フイリヤブラン・セイヨウイワナンテンスカーレッタは

カラーリーフとして華やかさと涼しさを演出してくれる事でしょう。

 

【Before】

DSCF6823

【After】

IMG_0999

 

ダイニング前にも少し小さめなテラスを設けました。

 

一軒の家で2つのテラスを設ける事はすごく稀なのですが

現在サンディエゴに住まわれているご主人曰く、

夕暮れ時の西日に当たりながら涼むのが

向こうでは一般的なのだそうです。

 

既存のヤマボウシに合わせて

ご主人の大好きなモミジの大木を植えました。

 

西日がきつくならないように

カツラの株立を植えて少しでも日差しが和らぐように考慮しました。

 

【Before】

DSCF6824

【After】

IMG_1000

 

枕木で作った階段。

上段を広くしたのでここに腰かけて

コーヒーブレイクなんてオシャレかも?

 

階段の脇に据えられた斜のブロックは

一輪車用の通路として造りました。

 

【After】

IMG_1002

 

立水栓の周りはグレーの小舗石で縁取り、

オシャレなガーデンパンに仕上げました。

 

【Before】

DSCF6825

【After】

IMG_1001

 

庭のゆるやかな法面にはクリーピングタイムを植えました。

時間と共に緑の絨毯となり雨による浸食を防いでくれる事でしょう。

 

また斜面なので芝生では芝刈がかなり危険なので

刈込が必要ないという点も

この地被植物をチョイスした大きな理由のひとつです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年10月
M T W T F S S
« Sep    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
記事アーカイブ