当社のホームページをご覧になり

奥様がお気に召して下さり、作庭依頼されました。

 

家の特徴でもあります大きなテラスをどのように活かすのか

またこの周辺ではあまり見かけない斬新なデザインにするのが

最大の使命でした。

 

 

着工前はこんな感じでした。

DSCF8092

DSCF8098

 

まず、最初に隣地境界へブロックを積むために

床掘りを行います。

 

DSCF9338

 

合わせて駐車スペース部分に土間コンクリートを打設するために

床掘りを行います。

DSCF9339

 

次にこの庭のデザイン上の最大のポイントとなります

玄関前の施工をしていきます。

DSCF9353

化粧平板ブロックを並べてそれを囲むように

円形に小舗石を並べていきます。

 

DSCF9354

これから円が3つ交錯していきます。

 

図面にシャープペンシルで描くのは簡単ですが

実際施工する職人は難易度が高いです。

 

庭師としての高いスキルが求められます!

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年8月
M T W T F S S
« Jul    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
記事アーカイブ