今年の梅雨は思いのほか明けず

土間コンクリートがなかなか打てなくて

工期が延び延びになっていました。

 

東根市のS様邸のガーデニンングがようやく完成致しました。

 

どのようにガーデニングする事によって変化したのか

ビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【ビフォー】

DSCF7353

 

【アフター】

DSCF9499

 

ゲスト用の駐車スペースも重ねたアプローチ。

 

小舗石(錆)で囲んだ植栽スペースには

アオハダとナツハゼの株立が植えてあります。

 

下草にはフイリヤブランと

ベロニカオックスフォードブルーが植えてあり

季節ごとに違った彩りを与えてくれます。

 

【アフター】

DSCF9504

 

この角度から見ると

円が幾重にも重なっているのがわかると思います。

 

小舗石の色を変え

交わっている所にはローズベリーという石を張りました。

 

デザインした私はシャープペンシルで書くだけですが

施工する職人はかなり難儀だったと思います。

 

しかし、見る角度によって

まるで違う形に見えるのがおもしろい所です!

 

【ビフォー】

DSCF7352

 

【アフター】

DSCF9372

 

どうしても隣家からの視線が。

 

将来リビングからの気になるだろうという事で

木製のオリジナルガーデンフェンスを取り付けました。

 

これでうまく空間を仕切り

プライベート感が増したと思います。

 

リビングのフローリングとも同じ色調だったので

一体感が出て広く感じます。

 

野芝のグリーンの鮮やかで、人の心を癒してくれます。

 

【アフター】

DSCF9313

 

アンティークレンガで囲われた植栽スペースには

アオハダやヤマモミジ、ジューンベリーが

要所要所に植えられています。

 

下草は「白山のStarbucks」にも植えられている

マホニアを植えました。

 

もう少し成長してくれると

リゾート感あふれる雰囲気を醸し出してくれる事でしょう。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ