当初はそんなに工期は掛からないと考えていました。

 

更地に庭を造るのであれば

障害もなくスムーズに作業が順調に進むのですが

「リ・ガーデン」となると想定外の事が次々に起こります。

 

よって、完成した時の喜びもひとしおです。

 

どのように「リ・ガーデン」されたのか

ビフォーアフター形式で説明したいと思います。

 

【Before】

DSCF9260

 

【After】

DSCF0437

 

古くて傾いていたブロック塀は基礎を残して全て取り壊し

新たにブロックを積み直して、創作垣で囲いました。

 

リビングのフローリングも無垢材だったので

こちらの板材も無塗装にし

経年変化をあえて楽しんでもらう事にしました。

 

【Before】

DSCF9264

 

【After】

DSCF0439

 

既存のハナミズキとモミジは剪定して活かし

それ以外は殆んど伐根しました。

 

創作板塀にしたおかげで、

空間をうまく仕切ることができました。

 

【Before】

DSCF9270

 

【After】

DSCF0450

 

この庭で組まれている石組の石は

すべてこの庭の中から出てきたもので

購入したものは一つもありません。

 

この庭には昔池があったらしく、それを潰して埋めたので

掘っていると出てくわ出てくるわ!

 

その度にコンクリートを削岩機で壊して再利用の繰り返しでした。

 

【Before】

DSCF9268

 

【After】

DSC_2095

 

立て石は重さが2.1tもあり

最終的には25tクレーンで吊って組んだのですが

ある石で組んだわりには、うまく納まったと思います。

 

「重森三玲」も少し意識し、うず潮を模した石張りも

この庭の最大の見せ場になりました。

 

【Before】

DSCF9273

 

【After】

DSCF0444

 

もともと家を「リフォーム」された時に

別の業者さんが施工した白御影の敷石と切石。

 

それをうまく馴染ませる為に葛石をスリット状に据え付けました。

 

縁取りは瓦を埋めて、リュウノヒゲを植え付けてまとめました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年11月
M T W T F S S
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ