新庄まで営業に行く途中に、尾花沢方面のお客様の雪囲いがうまく機能しているのか

また、壊れていないか確認しに行ってきました

最初に尾花沢市のM様邸です

 

 

積雪量1.5m位といったところでしょうか?

ここは、最初からこの位は想定していて樹高も5~6mあるので、まだ3分の1しか埋まっていません

枝をしおった上に細木で頑丈に組んで囲ってあるので、まだまだ余裕といった所でしょうか?

目隠しのトレリスも組み立て式なので取り外して別の場所に保管中です

 

 

次は新庄市のH様邸です

ここは、去年この時期に現地調査行った時に周囲の雪も落ちていて大変なことになっていたので

かなり心配です

 

 

今年は去年のように、周りから雪が落ちてきていないので思ったより雪が少ないです

ここも、樹高が5~6mのものをメインに植えていたので心配無さそうです

ただ、耐雪型の物置の耐雪量は60センチなので、こまめな雪下ろしが必要でしょう

画面右側に設置してあったトレリスは移動できるように作ったので、別の場所に保管してあるので

心配ありません

 

最後にもっとも豪雪地帯の尾花沢市のO様邸、銀山温泉に行く途中にあるので、尾花沢でも1,2を

あらそう積雪が予想されます

 

 

やはり、絶句してしまいました

去年の大雪で雪囲いが崩壊してしまいましたので、今年はその教訓を活かし材料を太い細木及び

ソッペ板に全て変更、その効果はかなりありそうです

雪解け時期に雪で引っ張られないように、雪を切って貰えれば多分大丈夫でしょう

これでも多分去年の半分の雪の量ではないでしょうか?

このまま落ち着いてくれればいいんですが

ああああああー春が待ちどうしいな~

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031