現代和風ゾーンに、かねてから据えてあった石畳周りに

リュウノヒゲを中心に、山野草や下草を植栽しました

 

008 (9)

 

まずは植栽用の客土にバーク堆肥や化成肥料を撹拌し、土壌改良して

その上に下草類を並べて配植していきます

この時のポイントは、なるべく自然に近づける事です

また、タマリュウは深根性なので根を折り曲げないで深く植えこむのが

丈夫に育てるコツです

 

009 (7)

011 (4)

 

こうすることでグッと石畳が活きてきます

リュウノヒゲの間にはいろんな山野草が植えてあるので、季節ごとに

違った彩りを与えてくれることでしょう

 

015 (4)

 

坪庭にはモダンな建築に合わせて、モウソウチクを植えてみました

下草にはヒメシャガを植えてあります

このチョイスは、あえてモダンさを出すためです

右側の窓がお風呂場なので、湯に浸かっていると和の貸切お風呂に

入っているみたいでしょう

 

また、根が悪さをしないように、周囲には竹用の防竹シートを張って、根の

進捗を抑える対策を十分とっています

 

後は、アプローチ兼駐車スペースのコンクリート打設と、周囲の仕上げを

残すのみです

最後まで気合で頑張りたいと思います

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031