Contents

かなり度胸が

作庭後30年近く経過した天童市にあるA歯科医院のお庭

先代の父がその当時京都の庭をイメージして作った代表作

さすがにツツジ類が大きくなり、景石が見えなくなったので思い切って半分くらい詰めることに

 

 

この位伸びすぎるとさすがに職人だけでは大胆に切れないと思い、私が作業を指示する事に

ここが度胸の見せ所です

 

 

思い切りバリカンでバッサリと・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳴り響くエンジン音に、周りではなにが起こったのか注目の的

 

 

それでも躊躇することなく、切りつめていきます

段々作庭5年後位の一番良い形に戻りました

やなり、春先芽吹き前のこの時期でないと、こんなに思い切って切りつめる事はできません

私も、この道に入って30年になりますが、こんなに切ったのは初めてです

でも、京都に修行に行っていた時、先輩の職人が「石は決して大きくならないから誰かが切らんとならんのや

そうやって京都の庭はいまも何百年も前の形を維持しとるんや」と言われた時の言葉を思い出してしまいました

 

そうして私が監督して切り上がった形がこれです

 

 

 

かなり立派な鮫川石が見えて理想の形になって来ました

後は、この裸の状態に新葉が吹いてくれれば完成です

きれいに芽吹いたらまた報告したいと思います、期待していて下さい

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる