まずは、芝生とグランドカバーの境界を仕切る為に

エッジキングを据え付けています。

002 (5)

これを据え付けることによって、芝生と地被が混在することは

無くなります。

ゆるやかな曲線をつけることにこだわりました。

004

玄関先に、白御影でできた間知石を積んでいます。

あくまでも、なるべくコンクリートを使わず砕石で積み上げる

空石積で施工しました。そうする事によって、コンクリートを

使っていない分、水はけが良くなり、根腐れを防ぐ事ができます。

 

006

玄関前のアプローチに化粧平板のパラレル(ミルキーホワイト)を

敷き詰めています。

このパラレルも、先程積んだ間知石も、同じ30㎝角なので

デザイン的な方向性も統一しました。

私的には、ジャストフィットしてると思います。

010 (2)

平板も仕上がり、残りは駐車スペースの土間コンクリート打設と

植栽、張芝を残すのみとなりました。

ここにまた木を植える事で、奥行きがグンと広がります。

植栽は、涼しくなる10月初めを予定しているので、その頃までには

コンクリート工事は完成したいと思っています。

 

長丁場だったこの現場も、ようやく完成が見えてきました。

もうひと踏ん張り頑張ります!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031