020 (2)

時間がゆっくりと流れ、気持ち安らかな時を過ごして欲しいという

コンセプトのもと、設計を考えました。

001 (3)

工事を始める前はこんな風に芝なのか雑草なのか、分からない状態になっていました。

そこで雑草が生えない管理の楽な庭を造って欲しいと頼まれました。

020 (2)

一度全ての雑草を剥ぎ取り、リガーデンしました。

植栽帯以外は全て、防草シートの上に玉砂利を敷いたので

雑草対策は万全です。

管理も楽な方が良いということだったので、ヤマボウシの株立ちや

ハナミズキの赤、ジューンベリーやヤマモミジの雑木を植栽し

四季折々の姿を堪能してもらいたいと考えました。

グランドカバーには、手前からクリーピングタイム、キャットミント、ガウラの順に植え

草丈で段々高くなるよう配植しました。

 

024

既存の白いラティスも植栽された事によって、以前にも増して映えています。

これは想定外の出来事でした。

新緑の季節が訪れる頃、今までとはまるで違う空気感が漂い

その中に抱かれながら、無心になって頂ける時間を作ってもらえたなら最高です。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031