天童市のM邸のテーマはモダンな和風庭園です。

お隣との境界は、御簾垣という竹垣で空間を仕切ります。

骨組はアルミ材で作るために、強度は大幅に増加しました。

が、しかし、中から見るとまるで本物の竹となんら変わりありません。

御簾垣は、竹垣の中で唯一竹が横に結束されるために、モダンに見えます。

その為、ちょっとモダンな和風庭園にはよく用いられます。

この垣根を背景に、雑木が植えられ、手水鉢が据えられ、下草が植えられると

雰囲気はぐっと良くなります。 これから、どう変わっていくか期待してください。

一番下の画像は、武田園芸お得意の白御影石敷石の土留めです。

これに、アルミ製のこだわり板がセットされると、また感じが変わってきます。

こちらも、期待していて下さい。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年12月
M T W T F S S
« Nov    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ