石組が終わり、門柱が立ち、樹木が移植されました。

よってこれらの素材がまた新たな役目を与えられることになりました。

一度組んであった石や庭木をもう一度造りなおすのは

中々難しいのですが、丁度よく収まってお客様にも喜ばれました。

002 (8)

次の工程は樹木や芝生が植栽される部分の客土入れです。

専用の植栽用客土を入れ、アンジュレーションをつけて

盛っていきます。

011 (3)

いよいよカーポートの建築確認申請がおり、丁張が掛けられました。

005 (6)

役所立会いの丁張検査が終われば、いよいよガレージの

基礎工事が始まります。

残念ながら、庭園工事は今から使う石が、まだ山に雪がある為

取りに行けず、しばらくの間はストップになるかもしれません。

気持ちが高まっているだけに、残念な気持ちでいっぱいです。

この春の陽気で早く雪が溶け、工事が再開できることを祈っています。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031