土留の終わった所から、生垣を植える為の支柱を

打ち込んでいきます。

032 (2)

打ち終わるとこんな風になります。

008 (7)

今回の生垣のデザインは生垣が2列に互い違いになっていて

前列にはマサキ、後列にはムクゲを植えて変化をつける

狙いがあります。

東根市では生垣に対して補助金が出るので、この工事も

のちのち申請して、上限の5万円の補助金を貰う予定です。

 

次に、東側和室前の坪庭の製作に取りかかっていきます。

まずは間知石を三角形に積んでいきます。

009 (6)

二段の所と一段の所を設け、変化をつけました。

018

この後ろには御簾垣を設け、和の空間に演出していきたいと

考えております。

003 (9)

御簾垣のアルミの柱を固定する為に、基礎ブロックを据え付けます。

コンクリート基礎を据え付けるところにベースがあったので

カッターでカットし、周辺をコンクリートで固めるつもりです。

思ったより手間の掛かる仕事になってしまいました。

010 (7)

西側の車庫部分に縁石があって車が入れなかったので、24条申請を

行い、歩車道境界ブロックの位置を移動して、アスファルトの

打ちかえ工事を行います。

完成するとこんな風になります。

005 (7)

これでカーポートに入るには十分なスペースが出来ました。

次はいよいよ御簾垣の工事です。だんだん化粧の部分が出来上がり、

庭の形が見えてきたので、これから私達も楽しみです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ