着工前はこんな感じでした。

002 (2)

すでにアプローチや駐車スペースが出来ていたのですが

外から中が丸見えなので、視線を遮閉しつつプライベートな空間を

作りたいという御依頼でした。

完成形がこれです。

23

このコンクリートの壁に道路側は建物の外観に合わせた

エボニー系のウッドフェンスを、アパート側はナチュラル系のオリジナル

ガーデンフェンスを設けてみました。

建物の外観と上手くコーディネート出来たと思います。

中に入るとこんな風になっています。

29 (2)

1番南側には花壇を設け、後は子供達が遊べるように、

大きい芝生の部分を設けています。

アパート側の境界もフェンスによって適度に空間が仕切られ

ブロック積と違って、涼しい風も入ってくるのでとても涼しい空間に

なったと思います。

30

アプローチ脇の植栽スペースには、ギボウシとミントを植栽しました。

道路の遮閉には、プランターにソヨゴを植えて対応しました。

冬場は全て建物側に移動して除雪をスムーズにできるように

配慮しました。

26

駐車スペースの裏がリビングなので、ここでもプランターに植えた

イレックスサニーフォスターを並べ、適度な空間の仕切りを試みました。

もう2~3年もすれば、見栄えも全然変わってくると思います。

 

最後に左官屋さんや材料の都合で長い期間になってしまいましたが

お客様には「まるで別の家に来たようだ」と有り難い言葉を頂き

努力が報われたような気がします。

小さなお子さん達がこの庭の中でいろんな昆虫を捕まえて

楽しんでいるのを見て、自分の子供の頃を思い出しました。

庭にはそのような利用の仕方があるのだと改めて教えてもらいました。

 

これから、芝刈り・水やりと夏場にかけて大変だとは思いますが

宜しくお願いします。

本当に有難うございました。

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ