先日、You Tubeに我がおやじバンドサレンダーのライブの映像を、大量にアップしたところ

一体何のホームページかわからなくなってしまった。

あれだけ派手なステージの画像が並ぶと、造園会社のホームページとしては、かなり違和感が

あります。

でも、多少アガスケ(山形弁で目立ちたがりの意味)なところのある私としては、この際多くの人に

観てもらったほうがうれしいので、「ま~いいか」の結論に達したのであります。

ちなみに、メンバーはごく普通のおじさん達

全員年齢45歳以上、ということは子供達に一番手間がかかる時期でもあり、ほとんどが会社で

重要なポストにいるわけです。

今は受験のシーズン、センター試験や就職試験、それにもうすぐ訪れる高校入試、家族に気を

使いながらひっそりと練習の日程をきめています。

練習は仕事が終わってからの夜9時から大体11時くらいまで、持ち歌14~15曲の確認や

新しいコピーの曲の練習や、オリジナル曲のアレンジなど部活なみに真剣にやってます。

練習場所は自分たち専用のスタジオがあり、いつでもすぐに音が出せるようになっています。

(スタジオといっても、普通のプレハブを自分たちで改造して防音を施し、費用は80万位

かかりました)

バンドには会費が存在し、月3000円で、それプラスジュース代500円がプラスされます。

これでスタジオ建設のローンを返済したり、録音用の機材を購入したりしています。

ちなみに、毎年山形ミュージックファミリーでリリースしているオムニバスCDの音源は

自分たちの機材で50時間以上費やして多重録音しています。

 

でも、メンバー全員このバンドがあるからこそ、仕事のストレスから解放されガス抜きできて

いるからこそ、もっているねとよく話をしています。

もちろん家族の理解と協力がなければ、続けていくことは不可能だったでしょう。

そのことについては本当に感謝しています。

一番バンドやってて変わったのは、心のキャパシティーが広くなったこと

とくに洋楽が好きで、その尊敬するミュージシャンのライフスタイルにかなり影響され

子供に対する考えが柔軟になり、いろんな考えが理解できるようになり、その人その人

に合った個性や人格を尊重し、無理に自分の考えを押しつけることがなくなりました。

子供達には何をしてあげたではなく、なにを一緒に共有してあげられたのかが重要、それに

気付かされただけでも、大きいと思っています。

 

ま~なんと言っても外国のミュージシャン、たとえばクラプトンやスティングは歳を取れば取るほど

渋くてかっこよくなっていく。

あーゆー歳の取り方をして、オシャレに生きていきたいと思う今日このごろでした。

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年12月
M T W T F S S
« Nov    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ