村山市のO邸の作庭工事、去年の12月から、休止していたのを再開いたしました。

雪が多い所なので、まだ雪囲いが取られておりません。

それに、雪が解けたばかりで土もドロドロしています。

 

 

 

まずは、雪囲いをはづして荒整地

そして、いま車庫の前に敷かれている切り石を再設置して、テラスの縁取りにします。

 

 

掘ってみたらその大きさにビックリ

クレーンは届かないし・・・・・・・・

ここは、昔ながらの金デコを使って力と技の勝負

今の職人はすぐにユニックやバックホーに頼ってしまうけど、私がこの世界に飛び込んだころは

造園屋ではほとんど持っていなかったので、植木を棒でかついだり三又とチェーンブロックで石を

吊ったりと、まさに自然との知恵比べのようなものでした。

でも、こういう貴重な体験をさせられたことは、職人にとっては、いい経験になったかもしれません?

 

盛土をした所の仕切りは、瓦を縦使いにして純和風っぽく仕上げます。

これだけでも、ぐっと引き締まります。

これで、水をかけをしても下に流れ出すことは少なくなるでしょう。

 

 

これは、当社の仮植地から選んで掘ってきたヤマモミジを植えているところです。

庭に合わせて曲りがいい感じのものをチョイスしました

これから、少しづつですが変化していくのを私も楽しみにしていきたいと思います。

次回のアップを待っていて下さい。

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年11月
M T W T F S S
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ