なかなか天候が回復せず、カラー舗装ができずにいましたが、ついに完成いたしました。

まずは、出来上がりを御覧ください。

 

 

 

今は施工したてで鮮やかな色をしていますが、すこし落ち着いてくればだいぶ雰囲気が変わって

来ると思います。

とくに、富沢石の乱張りは何かわびさびを感じさせてくれるのかと思いきや、「芸術は爆発だ~」の

岡本太郎っぽくなっちゃっていませんか?

設計した本人は結構満足しています。

石組と舗装の仕切りは、べったりくっつけるのではなくワザと離して、そこの間には寒河江川の

玉砂利を敷き詰めました。

ほんのちょっとしたこだわりが、後で大きく印象が変わるきっかけになるものです。

 

リュウノヒゲやフイリヤブラン、芝生と舗装の仕切りは瓦を用いています

とくに、舗装との仕切りはいい味出していますよね?

この度は、庭先しか改修していませんが、今まであったお庭の印象も随分変わりました

なんか景が随分引き締まった感じがします

これからだんだん春めいて芝生の色が青く芽吹いてきたら、また写真を撮りに伺いますので

よろしくお願いします。

 

 

この次は池に入る水の方法を、少し考えましょう

そうすればもっと良くなるはずです。

徐々に徐々に

ゆっくりでいいですから

これからも永いお付き合いよろしくお願いいたします。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年11月
M T W T F S S
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ