着工前はこんな感じでした。

011②

この仮植してあるヤマモミジを移植して、新たな

お庭を作るというのが条件でした。

 

リビングから見るとこうでした。

007②

ここから見ると某スーパーの看板が目に付くので

それをモミジで隠して欲しいというのがご要望でした。

001②

モミジをご希望通り移植してから、富沢石にて

野面石積みを施工している所です。

 

大小様々な石を組み合わせて並べていくので

材料は必要量よりも3倍程必要ですが、それを

上手く組み合わせて組んでいきます。

 

こうする事で、高さが約30cm程地盤が上がるので

リビングの床の高さとほぼ一緒になり、見下ろす感じ

がなくなります。

009 (2)②

石積みが終わると、その奥には瓦を1段下げて

並べていきます。

その脇には、前から設置してあった飛石や沓脱石を

仮置しました。

008 (2)②

この画像は、沓脱石を再設置している所です。

足りない物は会社から持ってきて数を揃えました。

 

中庭になる所での作業なので、入り口が狭く

材料を運搬するのも大変ですが、なんとか怪我なく

終わしたいものです。

 

次はいよいよ植栽です。どのように更に進化する

のか我々も楽しみです!

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ