東根市のNさん宅のお庭作りを、再開致しました

早春に樹木を移植して以来、3か月ぶりです

母屋の引き舞いが完了して、庭はこんな状態に

石がばらばらに仮置き状態です

この状態では、石の表情が解らないので、石を用途ごとに分ける必要があり、また別の場所に仮置き

していきます

 

この時石一個一個の表情を頭の中にインプットしておかないと、あとで大変なことになるので真剣勝負です

石が用途別、種類別にある程度片付いたら、土を盛っていきます

 

機械で大雑把に整形したら、やはり最後は人の手で仕上げなくてはなりません

 

 

滝石組みをどうやって組んでいくのか、土の傾斜は? 形は?・・・・・・・・・熱くて考えがまとまりません

この日の最高気温は37度超え 熱中症にて思考回路がオーバーヒートしそうです

 

次は大型クレーンを使っての石組みです

一番大きい主石は重さが2トンオーバー オペレーターに送る合図にも緊張感が漂います

 

 

やはりこの日も一番の大敵は猛暑

ヘルメットからしたたり落ちる汗は、留まることを知らず、Tシャツは絞れるほどに濡れています

本来なら真夏に庭作りはしないのですが、道路の拡幅工事ご大幅に遅れたためこのような事態に

本当は梅雨期に移植を終えて、今ごろは仕上げ作業しているはずだったのに

愚痴ばかり行って仕方が無いので、今度は当社のクレーンで仕上げていきます

 

 

 

この庭は枯山水様式をとっているので、水を使わず、水を意識させなければならないので、こういう

仕事はちょい不良庭師の出番となります

もうすでに始まりからいるので会う人毎に「随分日焼けしたね~」と言われます

でも、庭師としての最高の技の見せ場なのでやはり興奮はかくせません

 

この庭作りは一か月以上続く長丁場になりそうなので、たびたびこのブログに登場してきますので、お楽しみに

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2021年1月
M T W T F S S
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ