2月末の工事前はこんな感じでした。

2015-02-25 08.57.18

2015-02-25 08.55.19

2015-02-25 08.57.47

完成すると、この様に変わりました。

IMGA0336

特に、アプローチにはデザイン的にこだわりました。

化粧平板と土間コンクリートのグリッドを互い違いにして、リズミカルに配置

し、幅も2.4×2.4mにしてゲスト用の駐車スペースも兼ねています。

また、バックで駐車しやすい様に、角には小舗石を敷き詰めて、ハンドルを

切りやすくしています。

IMGA0361

2台用のカーポートの前はできるだけ広くとり、もう1台縦列駐車できる様

にしました。また、奥様の赤い車がお子様連れでも簡単に駐車できる様

に土間コンクリートにアールを付けて、それをアシストしています。

IMGA0356

玄関の扉を開けても家の中が丸見えにならない様に、中央に植樹帯を設

けました。中には、クロモジやツリバナ、アオダモの株立といった雑木を植

栽しています。

低木にはシモツケを植栽し、地被にはフイリヤブランを植えて、彩りを与え

ています。スリット部分には、ハーブのクリーピングタイムを植えて、花のス

リットにしました。

また、もう一つのこだわりとして、隣地境界部分の花壇には、竹柵という技

法を用いました。どちらかというと、和のテイストが強いのですが、大胆な

曲線を用いた事で和モダンな感じになり、面白いアクセントになりました。

IMGA0343

IMGA0346

リビング前は、芝生と花壇だけのシンプルなデザインにしました。

ひょうたん型の3ヶ所の花壇の中には、ジューンベリー、ヤマモミジ、アカバ

ナエゴノキを植栽しました。

また、屋根の水が溢れていたので、それぞれ砕石を入れて排水層を設け、

上に白いプラ鉢を用いて化粧しました。

将来の芝生で、お子様達が気兼ねなく遊んでくれる事を願います。

この作品は、出来上がったばかりなので、管理次第でまだまだ素晴らしい

作品になりますので、宜しくお願いします。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年11月
M T W T F S S
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ