去年の10月から作業してきた、大森小の植栽工事がようやく完成しました

途中例年にない大雪に見舞われたり、未曾有の震災にあったり大変でしたが

何とかここまでたどり着く事が出来ました

 

 

 

正門から入口までのプロムナードには4月から6月まで、いろんな花が咲き乱れるように植栽

されています

オオヤマザクラやナツツバキ、変わったところではマグノリア ワダスメモリー(洋風コブシ)等の高木

低木には、レンゲツツジ、ヒラドツツジ、ムラサキシキブ、ミツバツツジ、ユキツバキ、シモツケ、ゲンカイツツジ

ドウタンツツジ、アベリア等かなりの種類が植栽されているので、まるでちょっとした見本園みたいかも?

とにかく長い間咲き続けるので、訪れる人の目を楽しませてくれることでしょう

 

 

さくらんぼをイメージしたモニュメントも、なかなかおしゃれな仕上がりになっています

 

 

中庭には枕木で作ったデッキが2か所設けてあり、その周囲は同じく枕木で作ったモニュメントで

囲まれています

それ以外の部分は野芝が張られており、多少の運動は大丈夫

今にも子供達のはしゃぐ声が聞こえてきそうです

こういう広場が3か所設けてあります(高学年、中学年、低学年用)

 

 

学校の西側の境界はあえてフェンスは用いず、代わりにシラカシとベニカナメの生垣で囲んであります

緑色に見える部分は、芝生の種子が吹きつけられていますので、暖かくなると青々と茂ってくれる事

でしょう

まだまだはるの訪れは遠く、芽吹きにはまだ時間が掛かりそうですが、また時期がきたらみなさんに

紹介したいと思います

ちなみに、学校の周囲には桜の記念植樹がされてあり、1本おきにハナノキが植えられてあります

それを取り巻く歩道の街路樹には、アカバナエゴノキが植えられ長い期間花が咲いているので、

神町のちょっとした名物になるかもしれません

見どころは4月の下旬から5月の連休位まで、近くに来られましたら、是非足を運んでみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930