天童市のT様宅の外構工事のメインは、ずばりコンクリートの擁壁です

高さ1、7mにもなるコンクリートの一発仕上げはかなりの技術が必要です

 

 

まずは高さのある擁壁が倒れないように、基礎の部分も幅が必要になります

バックホーでの床堀もかなりの量になります

 

 

鉄筋の量もかなりの物です

横筋の高さが仕上がりですので、かなり高いです

 

 

型枠材が仕上がりの良し悪しを決めますので、コンパネ材ももちろん新品です

基礎の幅はご覧の通り広くて、とても頑丈です

 

 

これだけの高さになるとポンプ車がないと、打設できません

バイブレーターを使って振動を与えて、コンクリートが密になるようにします

 

 

この要塞の様な型枠材、いかに圧力がかかるかわかります

打設してから養生期間を経て、巨大な壁が出現することでしょう

そこからがわれわれ庭師の腕の見せ所になります

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031