ようやく完成までこぎ続けたという印象のK様 邸

とにかく今年の夏は暑すぎました

そのせいで植栽までかなりにインターバルが空いてしまい迷惑をかけてしまいました

 

まずは、着工前から

 

 

砕石敷きでやはり無機質感は拭えません

これが完成後このような外観に変身致しました

 

 

建物の外装に合わてワントーン落とした色をチョイスした化粧ブロック

淡いトーンなので建物との奥行き感が強調されました

 

 

敷地が角地のためよくショーットカットされるのが気持よくなかったので、わざと化粧ブロックを隅切り

の所まで積んでそれを防ぎました

ゲスト用の駐車スペースを縦列で2台分確保してあり、急なお客様が来ても対応できるように致しました

 

 

 

アプローチにはスレートマロンをグリッド場に貼って、建物の外装と同系色を用いたことで

引き締めています

その先に続く長方形の敷石を同じ延長線上に貼ることで、デザイン的に統一感をもたせ遠近法により

より広く感じさせることが出来ました

また自然石なので、耐久性に優れその表面の仕上げがザラザラしているので、雪が積もっても

滑って転ぶことはないでしょう

3角形の花壇はあえてここを強調させたかったので、かなり明るめのレンガをチョイスしました

アクセントには調度良かったと思っています

そのせいでより芝生の緑と調和しています

 

 

植栽もハナミズキや、ツリバナ、ヤマボウシ、ヤマモミジ等の雑木を植えて四季の移り変わりを肌で

感じられるよう考慮しました

K様宅はス◯ェーデンハ◯ス等のような思いっきり洋風の建築様式ではなく、かと言って昔ながらの

和風では無いので、そういう形にはとらわれない独自のデザインを徹底して貫いたので、それが

斬新でオリジナリティーに結びついたのではいかと、自分では思っています

完成までに多くの時間を費やしてしまい、ご迷惑をお掛けしてしまいました

でも、この庭は完成したばかりなので時間を掛けじっくりと仕立てて行きましょう

どうもありがとうございました 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031