家庭菜園の仕切りに枕木を用いました。

dscf5221

それに黒土を入れると、手頃な家庭菜園が出来上がります。

やはり、畳一枚分の大きさが趣味で楽しまれるのであれば、最適だと思わ

れます。この大きさでも家族では食べきれない程の野菜が収穫できます。

 

次に、テラスに家庭菜園を繋ぐ苑路を同じ枕木で作る事にしました。

dscf5222

丁張りをかけ、様々な大きさにカットした枕木を図面に基づき、仮置きして

バランスを見て調整します。

これらが完成すると主庭の完成です。

dscf5257

家庭菜園の所のウッドフェンスに板を張らなかったのには理由がありま

す。それは、次のステップにD.I.Yでロープやワイヤーを張って、つる性の

野菜を育ててほしかったからです。

dscf5261

マンションや建物に囲まれて閉塞感があったスペースが、潤いのある新た

なプライベートな空間に生まれ変わりました。

建物に付随するテラスも、ようやく一体感が生まれ上手く庭に溶け込んで

います。

次は、玄関まで続くアプローチ工事です。

ここは「家の顔」になる重要な部分なので、色々な仕掛けで面白いデザイン

になっていますので楽しみにしていて下さい。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ