洋風庭園

 

何十年も放置された庭は、木々は生い茂り、クロチクの根は至る所へその育成範囲を広げていました。

これらの条件を全て無にしてから、庭の大改造に着手しました。

必要最小限の木だけ剪定し、後は全て伐根しました。広く空いたスペースにはできるだけ多く芝生のスペースを取り、極力メンテナンスが楽な様にしました。

裸地の部分も土壌改良してあり、奥様が自由に花壇として楽しんでもらうスペースにしてあります。

これでご夫婦が念願しておられた足を地に着けた生活、すなわち植物の手入れを協力して行い、お二人の共有する時間が増え、会話も話題も増え、笑いの絶えない生活。これがきっと叶う事と思います。

この庭に新たに植栽されたブナやカツラ、ガマズミ、モミジ(琴の糸)が四季の移り変わりを演出し、お二人に癒しのご褒美をもたらしてくれる事を約束します。それこそが、「リ・ガーデン」の本当の意義なのですから。

 


洋風庭園

 

空間構成はシンプルになればなるほど、そのハードルは上がります。

この坪庭は以前からあったナツツバキの株立だけを残し、三個の景石とコグマザサだけでまとめてみました。

コンクリートで四方を囲まれているので、これでコグマザサの根が悪さをする事はありません。

こういうまとめ方も、場面によっては効果大。アリだと思います。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031