Contents

ライク・ア・ジュピター(平成21年度施工)

武田園芸"

アプローチを歩いていくと鍵なりの変化点には4分の1の円型で形どられたキャメルストーンの石貼りとレンガで作られた花壇が設けてあり、意図的に変化がつけられています。その奥には枕木で仕切られた家庭菜園のスペースが見えます。 


武田園芸

庭の中心にある円型のテラスには、白玉石が埋め込まれた模様が描かれており、ご覧になられた御主人から「木星の様でかっこいい」と好評でした。その周りも円型の芝生が張られ、家族の憩いの場所になるでしょう。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる