通常のお宅の2倍はあろうかというくらい広い敷地を限られた予算の中でいかにオシャレにスペーシングしていくかが最大のテーマでした。

この作品の最大の特徴は、正面から眺めた時の広がりです。パッと見、このままハウスメーカーのチラシに使えそうです。

まだ植えたばかりで樹木が小さいのですが、4~5年して今より樹高が1~2m高くなると、そのままモデルハウスだよと言えそうです。
2台用のカーポートの後ろには大きな物置(別途工事)が設置されました。

アプローチと兼用のゲスト用駐車スペースは、パラレルのミルキーホワイトという化粧平板を貼ってアクセントをつけてみました。

右手には枕木を組み合わせた門柱を立てました。将来ここには表札とポストが設置される予定です。

左手には小舗石でL字型に作った植栽スペースの中にジューンベリーが植えられ、下草にはフイリヤブランとクリーピングタイムを添えてみました。

これだけでも逆遠近法で敷地が広く感じます。

リビング前にはウッドデッキを設置し、その前にはアンティークレンガで囲っただけのテラスを作ってみました。

ここにベンチやテーブルを置けば、バーべQ等をしてまったりと過ごせそうです。

それとセットで芝生広場を設けました。ここは子供達のパラダイスになりそうです。

どうしても作ってほしいと頼まれた家庭菜園も庭の雰囲気を壊すことがないように、小舗石を円型で囲ってオシャレなものに仕立て違和感なく庭に溶け込ませました。

外回りは化粧ブロックとアルミのフェンスでスッキリとまとめました。

ブロックの色は建物の2階部分と、フェンスの色はアルミサッシの色と合わせて色調を統一して一体感を持たせました。

アプローチからの曲線には特に気を使いました。

コンクリートは比較的に施工が簡単なのですが、ローズベリーの石張りはかなり時間を費やしました。その甲斐あって美しい曲線が描けたと思います。

和室前のスペースは和モダンな空間に仕上げました。なだらかな曲線を描くマサキの生垣の前には、瓦を縦使いに埋めて縁取りしました。

ヤマモミジやナツツバキの株立等の雑木が植えられた足元には、アクセントとして銭形の手水鉢を据えてみました。

物置の前に立っている柱には特殊な金具が取り付けられており、リードを取り付けるとその周りをぐるぐるワンちゃんが走り回れるように考えました。このアイデアはこれからも使えそうです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
アオダモ アオハダ アカバナエゴノキ アズキナシ アプローチ アベリア アンティークレンガ イレックスサニーフォスター インターロッキングブロック ウッドデッキ ウッドフェンス ウメモドキ エゴノキ エッジキング オトコヨウゾメ オリジナルガーデンフェンス カツラ カマツカ カーポート ガウラ ガーデンフェンス キャットミント キャメルストーン クリーピングタイム クロモジ グランドカバー コンクリート打設 シモツケ シラカシ ジューンベリー スジギボウシ ソヨゴ ツリバナ テラス ナツツバキ ナツハゼ ハナミズキ パラレル ヒューケラ フイリヤブラン ベロニカオックスフォードブルー ポスト マサキ マサキの生垣 マサキ生垣 モチノキ ヤマボウシ ヤマモミジ リュウノヒゲ レンガ 伊勢ゴロタ石 剪定 割竹 化粧ブロック 化粧平板 化粧平板ブロック 和風庭園 四ツ目垣 土留 土間コンクリート 基礎ブロック 大洋紅 客土 家庭菜園 富沢石 小舗石 小舗石二丁掛 小舗石二丁掛(錆) 床掘 床掘り 張芝 手水鉢 支柱 景石 木柵 枕木 枕木門柱 植栽 洋風庭園 洲浜 流れ 玉砂利 玉砂利敷き 瓦土留 生垣 白御影敷石 白御影石 白御影間知石 石組 石貼り 築山 芝生 花壇 門柱 防草シート 雑木 駐車スペース 高麗芝 鳥海石
投稿カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
記事アーカイブ