創作するという事は意外な問題点が浮上してくるものです。

お客様から隣家をもう少し見えなくしてほしいと頼まれ、15cmほど柱を高くする事にしました。そうしたらどうしても強度に不安が出てきてしまい試行錯誤した結果、控え柱を立てる事にしました。

これでかなり強度が増して、ひとまず安心しました。

次に柱を高くした所に角材を2本渡して、スリット状に横木を取り付けていきます。

これで遮蔽的には問題なく見栄えもすごく良くなりました。

次にこの塀のデザイン上の要、板材の間にさらし竹を取り付けていきます。

この取付が終われば、最後に仕上げの塗装をして完成です。

仕上がりがすごく楽しみになってきました。

 

次に追加発注された門柱の組立です。

当初、ブロック塀+ジョリパット仕上げを予定していましたが、どうしても経年変化で汚れてくるのが嫌ということでN.Gになりました。

それと外壁の白に合わせてほしいとの事だったので、少し高級なブロックを積む事になりました。

このブロックには白の天然石が貼り付けてあり高級感はハンパないです。アプローチとのタイルとの相性もバッチリです。

次に時期が悪くて植えられなかったウメモドキの株立を植えていきます。

ここまで来ると仕上げの仕事のみとなりました。

もう少しで完成を迎えるので、その時のビフォーアフターが楽しみになってきました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ