昨の坪庭の工事から始まり、今年はポケットパーク並みの広さを持つガーデニングまで長期に亘り携わってきたI様邸のガーデニング。全てにおいて完成しました。

 

I様は一級建築士の資格を持ちこだわりも強く、しかも私の一つ後輩ということでお互いの主張がぶつかり合いましたが(笑)

うまいこと良い作品に仕上がり二人共満足のいくものになりました。

 

before 

 

after

当初は板塀をする予定でいましたが、都合によりサザンカの生垣に変更になりました。生垣の苗木代は東根市の生垣補助を利用して安く上げることができました。

サツキやツツジの玉物は通路側へ移植してまとめました。将来的にはいろんな種類の花が咲き乱れる大刈込に仕上げたいと思います。

 

before

 

after

高麗芝を個人宅でこれだけの面積を張るということは極めて稀です。

広いが故に水勾配にこだわり、微妙なアンジュレーションをつけています。

 

before

 

after

うねるように仕上げた築山。大胆かつ繊細に造りました。

奥にあるマサキの生垣が空間を仕切ることで、街路樹のを借景することができました。

 

before

 

after

この角度から眺めるといかに敷地面積が広いか分かります!

混み合っている所とそうでない所のメリハリを思い切ってつけたので余計そう感じます。

 

before

 

after

家庭菜園で仕事しているのが見られるのが少し恥ずかしいということでマサキの生垣で隠しました。マサキの生垣も曲線を用いたことでデザイン性がアップしました。まだまだ小振りですが雑木はカツラ、ヤマボウシ、アオダモの株立を植えてシンプルにまとめ、グランドカバーにはクリーピングタイムやシモツケ、フイリヤブラン等を植えて華やかな演出を狙っています。

 

before

 

after

こちら側にはアオハダとツリバナでまとめ、グランドカバーはヒューケラを植えてみました。

ヒューケラの赤葉が花が無くても彩りを与えてくれます。春先に花が咲くものを多く植栽したので今は少し淋しいですが、来春にはかなり期待が持てます。

 

after

2階の設計事務所からの眺め。

自由曲線がいかに美しく描かれているか分かります。これだけの面積の庭は管理も大変ですが、これからのスローライフにはピッタリだと思います。年を重ねる度に素晴らしくなることを期待しましょう

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年12月
M T W T F S S
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ