主庭の方は植栽のみとなったので、

次に玄関前から家外周の方を工事していきます。

 

まずは生垣支柱の床掘を行います。

 

RIMG0119

 

床掘が終われば、次は生垣支柱に取り掛かります。

 

外構のディティールが全て直角で構成されていたので、

ここはあえて生垣を自由曲線にしてみました。

 

RIMG0120

RIMG0121

 

隣地境界には新たにブロックを設置するので、

砕石を敷いてベース打設の準備をしました。

 

これで敷地も少なく見積もっても

30~50cmは広くなるでしょう。

 

RIMG0125

 

次はいよいよ植栽工事です。

ここで劇的に変化しますので期待していて下さい。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年12月
M T W T F S S
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ