最上町にある砕石場に

今回の工事で使う材料を取りに来ました。

 

DSCF6770

DSCF6771

 

このように途方もない広さの場所から

積み石用と張り石用の石を選んでいきます。

使えない石を持って帰っても仕方がないので

じっくり選んでいきます。

 

3人で約1日掛りで約3tの石を選びました。

 

DSCF6775

DSCF6827

 

私は野面石積みを担当しました。

平たく言えば石垣を造るのですが、

実はこのくらいの大きさの石が1番重く腰にきます。

 

一方、石張りの方は若い2人の職人に任せました。

 

DSCF6818

DSCF6817

 

去年、村山市のI様邸できっちりと教えたので、

案外上手く仕上がりました。

(もちろん私の指摘で何個かは手直しがありました。)

 

DSCF6830

 

沓脱石の夏目型手水鉢は、

雨どいの所から再設置したものです。

 

この2ヶ所がこの庭の見せ場と言っても過言ではありません。

ここまでくるとようやくひと山越えた感じがします。

 

次はいよいよ植栽です。

私の理想とする庭にどれだけ近づけるか楽しみです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年5月
M T W T F S S
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ