少しずつですが着実に工事が進んでいるO様邸。

庭のレイアウトがだんだん形になってきました。

 

DSCF7227

 

庭に奥行きが少ない為、少しでも広く見えるように

白御影の間知石を棚田畑風に積んでみました。

 

玄関用のポーチの前は、石張りにして豪華にしてみました。

 

DSCF7223

 

アプローチはステップを設けて

それぞれ玄関前と同じ石を張って触感を統一しました。

 

またできるだけ間知石を広く取って、歩きやすくしました。

 

DSCF7226

 

奥には収納を考えて物置を設置しました。

 

DSCF7221

 

外周にはこれから建てられる

ガーデンフェンス用の基礎ブロックが設置され

防草シートを張った上には玉砂利が敷き詰められています。

 

まだまだいろんな仕掛けが盛りだくさんですので

図面に書いた物がどのような形(立体)になるのか…

私自身が一番ワクワクしているのかもしれませんね!

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年5月
M T W T F S S
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ