006 (2)

既に、フェンスやアプローチ、駐車スペースなどのエクステリア工事は完成させており

これに新たな植栽等を施して、潤いのある創造性豊かなガーデニングをして欲しいと

頼まれました。

007 (3)

玄関前のちょっとしたスペースに、枕木を何本か立てて組み合わせ、

装飾金具を取り付けて、モニュメント風に設置しました。

それだけでは彩りに欠けるので、ジューンベリーやオトコヨウゾメ、キンモクセイなどを植えて

それに対処し、根じめにはウツギマジシャンやシモツケ等の低木を植えて締め、

グランドカバーには、ガウラやクリーピングタイムを植え、草丈の高低差を付け

バランスを保っています。

このちょっとしたスペースだけでも、アイディア次第では、かなり華やかな空間を演出出来ることを

改めて感じました。

013 (3)

枕木で仕切った花壇には、道路から丸見えにならない様に、

ヤマボウシの株立ちやクロモジの株立ち、、アオハダの株立ちを植えて、

空間を適度に仕切りました。

ここで一番工夫したのは、既存のウッドフェンスに馴染ませる為、ただのアルミフェンスだったものに

ウッドフェンスと同じ色をした板材を張り付けてもらって、統一感を出したことです。

これは予想以上に効果が有り、対費用効果は抜群でした。

高麗芝は最初から100%張りにした為、あっという間に緑の絨毯に早変わりしました。

IMGP1717

既存のキャメルストーンのアプローチは、車の乗り入れに対応しておらず

乗り入れられると、石が割れてしまう恐れがある為、ウッドフェンスと同色の

プランターを3つ設置して、それを防いでいます。

もちろん冬場は移動できるので、雪はきには何の支障もありません。

このプランターを設置した事によって、駐車スペースとガーデニングした部分の

仕切りがはっきりして、すごく全体のバランスが取れた様に思います。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031