話題の映画レッドクリフを早速観てきました。 物語もあらすじは全然知らずに行ったのですが

最初に簡単な説明があったので、おおむね理解したうえで鑑賞です。 

まず、この手の映画を観たときどうしても比較してしまうのがロードオブザリングのあのドキドキ感です

おもわず自分がその場にいる感覚に陥り、早く助けに来てとか心が震えそうな錯覚に覚えてしまう。い 

くらCGが良くてもこれがなければ面白みは半減してしまいます。この作品は赤壁の戦いが始まる前まで

なのでそういう意味では比較できないのですがが、上に立つ人間の器量とは何か? 恐怖での支配か?

それともその人の持つ人徳か? 本当の意味でのやさしさか? 何か観ている人にそれぞれ問いかけて

いる様に感じました。 戦術であったり武器であったり、当時をしのばせる画像が心を支配してやまな

いのですがもうすこし、ドキドキ感やそれにとりつく人の心の葛藤がもう少し表にでていたらもっと良か

ったと思います。

でも、いい映画に間違いありません。 早くパート2がみたくなりました。 観た人全員がそれぞ

れの答えを準備してのぞみましょう。

 

コメント(1)

 

周瑜役のトニー・レオンと諸葛亮役の金城武。「三国志」でも一、二を争う知恵者2人の頭脳戦
 めっちゃ良かったです!壮大・圧巻・・・凄い迫力でした。続編も早く観たいです♪

2008/11/3(月) 午後 7:58

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031