T邸の庭造りもいよいよ最終段階に入ってきました。

土留めの玉石を据え付け、下草を植え、玄関前の石を張るとだいぶ出来上がってきました。

特に石張りの目地は特に吟味しております

細かい砂に、松ぼこりという墨を混ぜて黒くし、特殊な目地ごて(京都にしか売ってないオリジナル)

を使って目地にそれを押さえていきます

そうすることによって、目地を石より低くすることができるので、より石が引き立ちます

でもその作業は地味で根気のいる作業ですが、仕上がりは全然違ってきます

和風の石張りは全てこの手法を取っているのも、武田園芸のこだわりの一つです。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年11月
M T W T F S S
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ