038

この広い空間を、有効に使うにはどうすればいいのか。

母屋の雪捨て場にも使いたいので、専門家としてうまく考えて欲しいと頼まれました。

 

 

着工前はこんな風に何もなく、がらーんとした感じでした。

IMGP2543 IMGP2541

完成後はこんな風になりました。

026 (2)

一際目を引くのが、大きな芝生広場です。

これだけ大きな芝生広場は一般家庭において滅多に

ありません。

緑の量が増えたおかげで、潤いのある空間に大変身しました。

025 (2)

既存の物置に行くスペースには、枕木と砂利洗い出しで

通路兼テラスを作りました。

冬は雪を捨てる際、スノーダンプの通り道にもなります。

028

庭の北側には、クラシカルレンガで段々畑風の花壇を作り、ここには

雑木のジューンベリーやアカバナエゴノキ、ネジキの株立ちを植え、

新緑から開花、紅葉まで四季折々の変化を楽しめる様にしています。

 

下草には、ローズマリー、クリーピングタイムのハーブ類を植え

鑑賞もさることながら、多目的に使用できます。

中央には玉砂利を敷いた通路も確保してあり、左側には

転落防止用のネットを張り、怪我をしない様に工夫してあります。

027 (2)

奥には、アオダモやシンボルツリーのヤマモミジとハナミズキ

常緑樹のモチノキ、シラカシが植えてあります。

034西側境界にはオリジナルガーデンフェンスを設けて、空間を遮閉しました。

このガーデンフェンスは、柱はアルミ部材、中のラティスは木材を

使用しているので、ラティスだけ交換することも可能です。

ラティスは正面から見れば、直角に重なっているので

近くに来ないと入り口が分からない様に工夫しています。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ